多摩川イメージ

講師紹介
teachers

講師プロフィール

ノリコ(NORIKO Padma)

担当クラス特別クラス『陰ヨガ〜冬の養生、冷えを改善〜』

クラス日時11月20日(金) 18:30~20:00

クラス内容:中医学の思想、経絡を背景に持ち、内臓に働きかける陰ヨガで内面からあたためていきます。

冬の寒い時期には生命エネルギーを司る腎の働きが弱まります。
車で例えるとガソリンの役割を担う腎のバランスを整えることは、私たちの身体にとって重要です。
腎には、活力をもつ側面(陰)と、代謝を行う側面(陽)があります。
腎が弱ってくると疲れやすくなり、不安感が強くなり落ち込んだり、水分代謝が悪くなるので身体が重く感じられたり、浮腫みがちになります。

精神面からの腎の役割は、勇気、意思、自己実現、落ち着き、創造力、深い信頼をもつので、私たちが健やかに、力強く、そして幸せに生きていくために不可欠な要素です。

陰ヨガで、この腎の働きを助けてととのえることが冬の養生法です。
対応するこの時期の腎と膀胱の経絡にアプローチをかけて生命エネルギーを高めていきましょう。




【陰ヨガとは】

深い呼吸と優しいアーサナ(ポーズ)でゆっくりと体をほぐしていくリラックス効果の高いヨガ。
中医学の知識や経絡を元に組み立てたシークエンスは、生理痛、PMS、浮腫み、便秘など女性にありがちな心身の不調の改善にもつながります。
心身を緩めることを目的としているので瞑想に近い感覚を得られるのも大きな特徴のひとつ。
普段仕事や家事、育児などで忙しく動き回っている方、忙しさからのイライラを感じている方などにお勧め。
長く続けるうちに心が穏やかになり、ざわついた気持ちに落ち着きが生まれる。

ひとつのポーズを3~5分深い呼吸をしながら筋肉の力をできるだけ抜いていき、靭帯、腱、筋膜など、主に関節回りの柔軟性を高め、特に骨盤周囲にある「鼠径、リンパ節」を刺激し、関節の可動域を広げます。
陰ヨガの練習を続けることで、通常の動くヨガで出来なかったアーサナが出来るようになったりの効果も感じられます。

プロフィール

アシュタンガヨガを日常的に練習し、どんなライフスタイルの女性でもヨガが続けられるよう色々なスタイルのヨガの指導と提案をし活動しています。
またレギュラークラスだけでなくRYT200、YinyogaTTCやPrenatal,Postnatal TTCの指導もしています。
解剖学の知識と自身の怪我から身体に対する意識が高く、海外で長く暮らし得た自らの経験や学びをシェアし、ヨガライフを送っています。


HP:https://norico30.com/about/

経歴・資格

  • E-RYT500
  • RPYT85
  • 陰ヨガTTC(中医/股関節 70H、筋膜/脊椎 230H、陰陽フロー/肩関節/ヨガニドラ 50H)
  • Jophee(陰ヨガ創始者ポールグリリーのシニアアシスタント)がTTCアシスタントとして指名する陰ヨガティーチャー
  • 薬膳アドバイザー
  • Pre-Postnatal Yoga TTC
  • Restorative Yoga TTC
  • Ashtanga Yoga TTC
  • Registered Prenatal Yoga Teache
  • KIIX プログラム 終了
  • マクロビオティッククッキングティーチャー

『陰ヨガ〜冬の養生、冷えを改善〜』NORIKO Padma
『陰ヨガ〜冬の養生、冷えを改善〜』NORIKO Padma
『陰ヨガ〜冬の養生、冷えを改善〜』NORIKO Padma